【受注生産】ショートリアフェンダー(サイドスリット)無塗装 /FXSB/FXBR/FXBRS/FLFB/FLFBS

fender_short_slit
 
※: 
 
203,500  (税込)
適合年式車種をお選びください。
LEDの構成とチューブカラーをお選びください。
ケラーマン取付用穴あけ8mmには専用取付部変換アダプターが必要です。
(シートベースのみ)または(シート柄A~C)をお選びください。
fender_short_slit
 
+
ほしい物リストに追加

鉄製のショートフェンダーキットです。
ボルト留めできるようにシートベースを改良いたしました。
バイクのラインを綺麗に見せるようにETC内蔵BOXやフェンダーナットも工夫いたしました。
ブレーキの抵抗と強化プラスチックにダンピィングも付属しております。

キット内容:スティール リアフェンダー(無塗装素地) 
      テールLED(チューブカラー:スモーク・レッド選択) 
      専用シートべース・付属品キット

※2018~にはショックのトラベリングストッパーが付きます。
※チューブカラーはレッドとスモークからお選びいただけます。

適合車種:-2017 FXSB(ブレイクアウト)・FXSE(プロストリート)
      2018- FXBR/S(ブレイクアウト)・FLFB(ファットボーイ)

【一般のお客様】
※取付にはショック等を組外しするなど専門的な知識と技術と工具が必要になりますので基本的には一般の方への販売はしておりません。
また、組付説明書は付属しておらず、組付けに関わるサポートも致しかねますので何卒ご了承くださいませ。
一般のお客様には、車輌をご購入されたショップまたは最寄りのショップからご購入頂くことを推奨いたします。

<<注意事項>>
1.今回の刻美スティールフェンダーは量産というより、一台一台同じ形に近いものを手作りワンオフ製作して
 お客様のニーズにお応えできるようにしたもなので、フェンダーとシートベースの形状や仕上げが個々違います
2.LEDの組込み部分の仕上げは、塗装の厚みにより隙間が変化しますので、
 LEDをはめ組む段階で塗装の割れや欠けの原因となりますので十分ご注意ください。
3.タイヤとリヤフェンダーの隙間は、ショック可動域等の確認と調整を必ず行って下さい!
★~2017 FXSB breakout ローダウンキット組付け
★2018~ ショックのトラベリングストッパー
(ダンプストッパー)ショックの可動域を抑えるための調整ダンパーの製作
●●●いろいろお手間をお掛けいたしますが、ワンオフ製作の商品に近いものとお考え頂きご了承いただければ幸いです●●●

<追加オプション>
■ LEDテール+ウィンカー +¥10,000-(税別)

 ■ フェンダーレール特殊穴あけ加工 +¥20,000-(税別)

 ■ シートオプション
  シート製作アンコ黒一色 +¥50,000-(税別)
シート製作キルトステッチまたはスラッシュ +¥68,000-(税別)
デザインシート(革素材・カラー変更・デザインステッチ・刺繍 加工等)+¥30,000-(税別)~ 内容により変わります

※追加オプションは別途追加料金が発生いたします。


※取付画像はイメージです。色味等実際の商品と異なる場合がございますので、予めご了承ください。

【上記商品についてのブログ説明です。ご覧下さいね。】
http://trijya.com/blog/?p=52002
http://trijya.com/blog/?p=51739


【テールランプを変更される場合の注意点】
・光源が15W以上(テールランプは5W以上)で照明部の大きさが15平方センチ以上
・車輌中心面に対して対称(テールランプは車輌中心に対して対称でウインカーの内側にあること)
・昼間後方100mから点灯を確認できる(テールランプは夜間後方300mから点灯を確認できる)
・レンズ発光色は赤(共通)
・上下位置が地上からランプの中心が2m以下(共通)
・照明部の投影面積は20平方センチ以上(共通)
・尾灯のみ点灯時の5倍以上の光度となる構造

車検については、管轄の陸運局により見解の異なる場合がございますので
明確には表記しておりません。
詳しくは国土交通省の定める道路運送車両の保安基準をご確認いただけますよう
お願い申し上げます。
http://www.mlit.go.jp/jidosha/jidosha_fr7_000007.html

※注意事項※
1.組み付け作業には専門知識と技術が必要です。専門店等にご依頼されることを推奨致します。
2.組み付け作業はサービスマニュアルの参照が必要となる場合があります。
3.作業が完全に終わるまでエンジン始動、走行は行わないでください。
4.車両の振動などで、ボルトの緩みが発生する場合がありますので、 乗車前にボルトの締まり具合の点検を行ってください。


お客様ご自身で取付作業を行われて破損、事故等が起きた場合の責任は一切負いかねますのであらかじめご了承下さい。